防災支援

HOME > 空間情報事業 > 防災支援 > 河川・海岸防災関連サービス

河川・海岸防災関連サービス

海底・湖底地形のビジュアル化

海底・湖底地形のビジュアル化 スワス探査システムは、水際を含む浅海域から中深海域まで広域のデータを、従来のシングルビームに比べて短時間にしかも高密度で取得することができます。

河床の変動やダムの堆砂量、貯水量、港湾施設や水産施設の変化、海底ケーブルや海底パイプラインのルート選定に活用できます。

 

 

河床面探査

河床面探査面的な測深と同時に、河床材料の種別、構造物や地形変化等の状況について面的に探査するような、サイドスキャンソナー機能を有しております。

左図は、探査成果であるモザイク図で、底質分布や構造物の状況が面的に理解できます。

 

 

 

 

河床面探査

  1. 湖底地形のビジュアル化(面的なデジタル管理)が可能です。
  2. 土量算出(堆砂量)が容易に算出することが可能です。
  3. 堆砂・洗掘位置の特定が可能です。
  4. 測線間の補間が不要です。(全面データの取得)