自治体支援

HOME > 空間情報事業 > 自治体支援 > インフラ公共施設関連サービス

インフラ公共施設関連サービス

公有財産精緻化業務

より正確に!より明確に!!

公有財産精緻化業務

既存公有財産台帳の再整備を行い、実態にあった資産台帳を作成するとともに精査・精緻化を目的とした、自治体の保有する財産の現状把握が容易になり、適切な管理および未利用財産などの有効活用が促進されます。

  • 所有資産の現状確認、および新公会計に適応したシステム(SmartAssistA※SAA)を提案します。
  • 最新情報の公有財産台帳をデータ化することにより、整備・管理の効率化を図ります。
  • 現状の資産を把握することにより、適正な資産運用・資産管理の促進が可能となります。

道路台帳業務

共用空間データへの活用促進

道路台帳業務

道路台帳は、道路管理者が円滑な維持管理と財産管理を行うため、路線名、道路の区域、延長、面積および認定年月日等の道路管理上必要な事項を図面と調書にまとめたものです。

  • 図面・調書の電子化により、必要な情報を正確に運用・管理することが可能です。
  • データ化やシステム化は、図面・調書資料類を一元化し、紙資料の老朽化をなくし、多方面にデータ共有出来る利便性があります。

上下水道施設管理支援

管理負荷の低減・コスト削減の促進化

上下水道施設管理支援

膨大な情報量の資料を容易な管理により、水道施設管理の最適化を促進でき、かつ必要時に必要な情報だけを適切に取得できるため、管理者の負荷が低減できるほか、迅速な対応が可能になることでサービスの向上にも繋がります。

  • 施設管理情報の最適化が図られ、管理者負荷・資料維持管理のコスト低減が可能です。
  • よりコンパクトに、よりスピーディーに管理・運用を容易に行える特性があります。