計測技術

HOME > 空間情報事業 > 計測技術 > 電力関連サービス

電力関連サービス

維持管理用縦平面図作成

従来の空中写真測量に航空レーザを併用することにより、高精度の平面図・縦断図の作成ができます。

地形再現性比較

従来の航空写真測量では、作業者の経験年数によって樹木下の地形判読精度にバラつきが生じますが、航空レーザ測量では均一な精度を確保することができます。

地形再現性比較

微地形再現

写真からは確認することのできない樹木下の微地形を忠実に再現することができ、高密度な地形データから微少な地形の高低を直感的に把握する際に、特に効果的です。

微地形再現

成果

成果

架空線点検調査

ヘリコプターでの架空線撮影により高解像度の動画データを取得して、径間内の架空線異常を抽出します。

ヘリコプターによる架空線点検

撮影中に発見された重損(素線切れや溶損など)は現地支援機材より画像化し、メールにて関係各所に送付画像として送信します。

ヘリコプターによる架空線点検

画像検索システム

画像検索システム
鉄塔通過時に撮影される架線金具を全て画像として取り込み、データベース化して管理できます。
画像検索システム
定期的な架空線点検により、懸垂のクレビス等経年劣化による磨耗量を画像上で計算し管理することが可能です。

近接樹木隔離調査

ヘリコプターでの計測により高密度の3次元データを取得して、径間内の近接樹木を漏れなく抽出することにより離隔距離を算出することができます。

3次元データによる離隔解析

3次元データによる隔離解析

膨大な三次元データから、離隔解析時に必要となるデータの抽出を行い、電線静止時と横振れ時および、樹木倒木時の離隔距離を算出できます。

また、長径間箇所の近接樹木を調査する場合、現地作業のみで横振れ時による伐採樹木を特定することは非常に困難ですが、航空レーザ手法を用いることで、計測範囲全域の近接樹木を漏れなく抽出することができます。

近接樹木管理システム

近接樹木管理システム
電線との離隔距離を色分け表示した平面図・縦断図
近接樹木管理システム
電線離隔解析にて抽出した全樹木の隔離検討書(横断図)