計測技術

HOME > 空間情報事業 > 計測技術 > 空中写真測量

空中写真測量

航空写真測量『デジタル航空写真システム』

高解像度のイメージから得られる国土基盤情報

デジタル航空カメラ(Z/I DMC II 230)は、7,680ピクセル・直行方向13,824ピクセルの高地上解像力をもつ最新の航空測量用デジタルカメラです。

また、GNSS/IMUと呼ばれる航空機慣性システムを搭載し、撮影と同時に写真の中心位置と航空機の姿勢を計測するため、効率的に三次元計測を行えます。

近赤外カラー画像の撮影も同時に行うことができます。

空中写真測量

デジタルオルソや数値地形図を始め、近赤外による植生解析等、目的に応じたデータの作成が可能です。
作成されたデータはGISに展開し活用することが可能です。

高精度計測用デジタル空中写真を提供
  • 公共測量作業に使用可能です。
  • 都市部の緑化状況、土地利用状況 の調査業務に最適です。
デジタルオルソによる各種調査、GISへの高速利活用を実現
  • 防災、災害復旧、環境影響評価等に利用可能です。
  • 過年度データとの比較が容易となります。
  • オルソ作成過程で生成する数値標高モデルは、洪水氾濫シミュレーションの基礎データや国土基盤地図情報の一部として使用可能です。

デジタル航空写真撮影 (写真地図作成)

高解像度の画像を迅速に作成します!

最新の航空測量カメラであるデジタル航空カメラ(DMC II)を使用し、最高5cmの高解像度の空中写真画像を作成することができます。また、航空機慣性システムであるGNSS/IMU装置を搭載し、撮影と同時に写真の中心位置と航空機の姿勢を計測できるため高速に簡易写真地図画像(簡易オルソ画像)を作成することが可能です。

撮影画像はRGBのフルカラー(パンシャープン)画像と近赤外画像の4バンド各最大14bitのデジタル画像ですのでフィルムカメラ以上に画像判読性能が向上しています。

写真地図作成過程で出来る数値地形モデルは3次元データのため、洪水時の氾濫シュミレーションの基礎データや、国土基盤地図情報の一部として使用できます。

道路計測システム (Asahi Groun Treck3)

  • 高解像度の画像データを作成できます。
  • 写真地図には位置情報を持っていますのでGISの背景情報に利用できます。
  • 広域の画像データを作成できるので土地の利用状況を視覚的判断できます。